ジョアンナ・コールが「4つ星」の納得価格です

命のことを自然にとらえて欲しいという思いからですが!それをおいておいても!生まれてくる子犬と!それを待っている少女の様子がとてもほほえましいと思います。1年生の娘が学校の図書室で見つけ、とても気に入ったので家に欲しいとのことで購入しました。先日!児童館の絵本当番の時に読み聞かせでこの本を読みました。

こ、これですっ♪

2018年01月07日 ランキング上位商品↑

ジョアンナ・コールこいぬがうまれるよ (かがくのほん) [ ジョアンナ・コール ]

詳しくはこちら b y 楽 天

私が小さな頃、大好きだった絵本です。懐かしい…図書館で読んだ記憶から買い物かごへ。昔からあるような、レトロチックな感じですがシンプルでとてもいい絵本だと思います。絵もお話もとってもかわいくて満足です。友人への出産祝いです。私が小学生だった頃に何度も図書室から借りた本です。一歩間違うとリアルすぎになる犬の出産シーン(写真)がやわらかく表現されています。名作は世代をこえて…いいものですよね♪。子供にも読み聞かせしたい絵本です。お隣に生まれる子犬を貰う約束をした女の子。かわいい語り口でお話に引き込まれていきます。最後のページの女の子と子犬が見つめあっている写真が素敵です。私の出産祝いの定番。写真もかわいいです。子犬がお母さんから離れて暮らしていけるようになるまでの2ヶ月の成長の様子が描かれた絵本。息子にも読んでもらいたかったんですが!なかなか置いている本屋さんが無かったので助かりました。子犬が生まれる時の様子や、生まれた時はまだ目が見えないし、耳も聞こえないけれど、おっぱいを飲むことと声を出すことは知っているなど写真で表現されている。必ずこの本を送っています。皆『袋に入ってる〜』『お目目開いてない』と興味津々で聞いてくれました。